PARCO MUSEUM

写真集『ROCK SEEN』日本刊行記念
ボブ・グルーエンと100人のロックレジェンド展
In co-operation with FUJI ROCK FESTIVAL

写真集『ROCK SEEN』の日本版発売を記念し、その中から、昨年ノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランや、ニューヨークパンクを代表する人物の一人パティ・スミス、パンクの生みの親ジョニー・サンダース、ロンドンパンクの二強ザ・クラッシュとセックス・ピストルズなど、ロック・シーンを代表するミュージシャン総勢100人の写真を展示します。

会 場
パルコミュージアム
池袋パルコ 本館7F
期 間
2017/07/20 (木) -2017/08/06 (日) 
入場料
一般500円 学生400円 小学生以下無料  
※FUJI ROCK FESTIVAL ’17のリストバンドを着用してご来場の方は入場無料 
公式HP
特設サイト:http://rockseen.jp/
主 催
PARCO
協 力
SMASH / GAN-BAN / Japan Uni Agency
会場構成・宣伝デザイン
半田淳也
制 作
RCKT/Rocket Company*

ボブ・グルーエン写真集『ROCK SEEN』

B4変形型/304ページ
著者:ボブ・グルーエン
価格:6,000円+税
発行・発売:SMASH
※パルコミュージアムにて先行発売

BOB GRUEN(ボブ・グルーエン)

ロックンロールの世界で最も知られる写真家の一人。初期アイク&ティナ・ターナーのライブ撮影に始まり、ジョン・レノンとヨーコ・オノの私設写真家としてのちに最も有名となる彼らの象徴的イメージを写真に収め、レッド・ツェッペリン、エルトン・ジョン、キッス、アリス・クーパー等大物ロック・アーティスト達を撮影してきた。1970年代にはRock Scene Magazineのチーフ・フォトグラファーとして、ニューヨーク・ドールズ、セックス・ピストルズ、クラッシュ、ラモーンズ、パティ・スミス・グループ、ブロンディーら若手パンク/ニューウェーブバンドのツアーに同行し、シーンの舞台裏を撮影。今もなお40年以上、ロックンシーンを写真に収め続けている。

特設サイト:rockseen.jp

Twitterを使用する場合は、こちらの「ツイートする」ボタンをご使用ください。
(ハッシュタグ #PARCOART)

Facebookを使用する場合は、下記「コメントする」より、コメントをお寄せください。

pageTop