PARCO MUSEUM

ロゴ:安齋肇

ロゴ:安齋肇

奥田民生になりたい展

9月14日(木)~10月2日(月)の期間、パルコミュージアムにて「奥田民生になりたい展」を開催!
自身のレーベル「ラーメンカレーミュージックレコード」(RCMR)設立後、初のソロ名義オリジナルアルバム 「サボテンミュージアム」のリリース(9月6日)や、映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」の公開( 9月16日)など、この秋何かと話題の多い奥田民生をさらに知ることができる展覧会です。

会 場
パルコミュージアム
池袋パルコ・本館7F
期 間
2017/09/14 (木) -2017/10/02 (月) 
10:00~21:00
※最終日は18:00閉場/入場は閉場の30分前まで
入場料
一般600円/学生500円/小学生以下無料
[入場特典]奥田民生・野球カード(全10種)
※デザインは変更となる場合がございます。
※絵柄は選べません。 ※なくなり次第終了となります。
主催
パルコ
企画
ソニー・ミュージックアーティスツ
協力
扶桑社・渋谷直角・三浦憲治・安齋肇・山崎英樹
制作
サンボード

【展示内容】

会場では、各パート音源を切り替えながら歌って試すことが出来る「奥田気分でレコーディング体験」コーナーや、ニューアルバム「サボテンミュージアム」のアートワークも手掛けた、奥田民生の長年の盟友、写真家・三浦憲治氏とデザイナー・安齋肇氏の二人が作る「奥田民生になれる部屋」などのスペースの他、当時のレコーディングで実際に使用された「イージュー★ライダー」のマスターテープ(本邦初公開)を始めとした貴重な品の数々を展示いたします。

‐予定の展示物‐

「イージュー★ライダー」のマスターテープ/奥田民生シグネチャーモデルのギター/ゴールドディスク/
ひとり股旅スペシャル@広島市民球場と嚴島神社で着用した作務衣や、歴代ワークシャツ等の衣装/
ひとり股旅(弾き語り)スタイル時に使用する椅子/RCMRキャラクター(ヘロ・ディギン)の模型
※展示物は変更となる場合がございます。

[入場特典]

写真家・三浦憲治氏が撮影した「奥田民生・野球カード」(全10種)
※有料入場の方のみが対象となります。
※デザインは変更となる場合がございます。
※絵柄は選べません。 
※なくなり次第終了となります。

【グッズ】

展覧会場内ではオフィシャルグッズも販売予定です。
※詳細は後日発表いたします。

【奥田民生】

フォト:三浦憲治 フォト:三浦憲治

1965年広島生まれ。
1987年に、ユニコーンでメジャーデビュー。
1994年にシングル『愛のために』でソロ活動を本格的にスタート。

『イージュー★ライダー』『さすらい』などヒットを飛ばし、井上陽水とのコラボレーションや、プロデューサーとしてもPUFFY、木村カエラを手掛けるなど、その才能をいかんなく発揮。
弾き語りスタイルの「ひとり股旅」、ひとりレコーディングライヴ「ひとりカンタビレ」など、
活動形態は様々。
世界的なミュージシャンであるスティーヴ・ジョーダンらとの「The Verbs」、近年は岸田繁(くるり)、伊藤大地と結成したスリーピースバンド「サンフジンズ」としても活動している。

2015年に50歳を迎え、
新たにレーベル「ラーメンカレーミュージックレコード」(RCMR)を立ち上げた。

9月6日に、前作より約4年ぶりとなるオリジナルフルアルバム「サボテンミュージアム」を遂にリリースする。

Twitterを使用する場合は、こちらの「ツイートする」ボタンをご使用ください。
(ハッシュタグ #PARCOART)

Facebookを使用する場合は、下記「コメントする」より、コメントをお寄せください。

pageTop