PARCO MUSEUM

大宮エリー 「生きているということ」展

映画監督、映像ディレクター、演出家、脚本家、コピーライター、作家、ラジオパーソナリティーなど多岐にわたり、ボーダレス、肩書きレスに活動する大宮エリー。

2012年に渋谷パルコを始め、各地で開催された「思いを伝えるということ」展は、造形と言葉のインスタレーションによる“体験型”の展覧会という新境地を生み出し、Twitterなど口コミにより人気が広がり、実に1万2千人が来場。訪れた人たちに多くの感動と勇気をもたらす展示となりました。

―今回のテーマは「生きているということ」
今回の展覧会は、生きているということそのものについて考察してもらうような体験型の、言葉と造形のインスタレーションです。今回は歩くということが意味を持つ内容となっています。生きてるなかで感じる「感謝」や「歓び」、そして生まれながらに持っている、与えられているという意味での「ギフト」がテーマになっています。


「すべての展示を通して、みなさんに生きるって素晴らしいじゃないの!って、歓喜のシーンを改めて味わってもらえるような展示を目指したいと思います!」 (大宮エリー)

会 場
PARCO MUSEUM パルコミュージアム
渋谷パルコ パート1 / 3F
期 間
2013/01/25 (金) -2013/02/18 (月) 
※入場は閉場の30分前まで
【最終日閉場時間変更について】
※ご好評につき、最終日の閉場時間を、18:00→19:00への変更が急遽決定になりました。入場は、閉場の30分前までですので、ご注意くださいませ。
入場料
一般500円・学生400円・小学生以下無料
主 催
パルコ
企画制作
パルコ/大宮エリー事務所
お問い合わせ
0334775873 
公式HP
特別協賛
江崎グリコ http://www.glico.co.jp/
TOYOTA FRIDAY DRIVE WITH ELLIE(J-WAVE) http://www.j-wave.co.jp/original/fridaydrive/
最終日2/18(月)は、ご好評のため閉場時間延長!!19:00閉場(18:30入場受付終了)とさせていただきます。


★本展覧会を楽しんでいただくために下記事項につきまして、予めご了承ください。

○本展覧会は参加型・体験型のインスタレーションとなっております。歩きにくい箇所や階段の昇り降りなどがございます。

※車椅子のお客様やベビーカーのお客様は一部展示に利用制限があり、ご覧いただける展示が限られる場合がございます。お手数ですが、パルコミュージアムまで詳細をお問い合わせください。


○本展覧会はお履物が汚れる可能性がございます。


○演出により、一部照明が暗い箇所がございます。


気になる展覧会の内容をご紹介。

会場は、人生を道にたとえ、歩むことを通して得られる”生きているということ”をテーマに「歩み」、「岩山」、「虚無」、「試練」、「楽園」など5つの状態を、本展覧会のためにオリジナルで造作したインタラクティブなインスタレーションと、それを包み込むような書き下ろしのエッセイにより構成されています。

題名「人生は、道である」

▲展覧会会場イメージ模型 原寸 ▲展覧会会場イメージ模型 原寸

生きているということは、
色々あるけれど
それでも、やっぱり、
歩き続けることだと思うのです

人生は道である
道を、確認したり、
自問自答したり、
振り返ったり、思い出したり、
そんな時間になる場所にしてみました
そう出来ているといいのですが

(本文一部抜粋)

会場でしか手に入らない、ステキな本を制作中!※発売は2月上旬

個展の開催を記念して、展覧会場限定で販売をする、「生きているということ」展のオリジナル本をつくりました!

装丁を手がけたのは、前回に続いて展覧会ビジュアルデザインを手掛ける、グラフィック・ムービー・プロダクトなど多岐に渡り様々なデザインを行うデザイン集団・groovisions。
そして挿絵は大宮エリー自身が描きました。

長く手元に置いておきたくるような、時々思い出して読み返したくなるような、そんなあたたかい本になりました。

「生きているということ」本の、気になる中身は!?

表紙はこんなデザイン。 表紙はこんなデザイン。

計38編に及ぶ詩。個展で映像として流れた文字も全て収録。
個展と同じ順番で“道”に沿って読み進めていただくことができます。


発売は2月上旬を予定しており、発売までは予約販売とさせていただいています。ご予約希望の方は、レジスタッフまで。

インスタレーションを包み込む、会場内の音楽は「坂本龍一」

会場テーマソングは、坂本龍一さんの「Happyend」に決定しました!

大宮エリーのコメント

前回は思いを伝えるというコミュニケーションについてでした。

誰かと誰かの間に生まれるものについて。今回は、それぞれの内面と外界との関係について探ります。生きているってどういうことなのか。何故人は生きているんだろう。どう生きるのがいいのだろう。なんのために生きるんだろう。それらを考えながら、最終的には何か喜びの粒のようなものが来場してくれた方々それぞれに降りかかったらいいなと思います。生きるってなんか感慨深いなぁという思いを胸に後にしてもらえるような展示になったらいいんですけれども・・・

人生を道にたとえ、その道を歩いていただきながら、生きているということを簡易的に客観的に見てみる、という展示になります。なんとなく辛かったり、先が見えなくなったり、何かを見つけたいのに見つけられなかったり。色々不安な世の中ですけれど、その中で生きている実感、そして喜びについて考察し、それらを感じやすくなるきっかけになればいいと思っています。今回も、造形と言葉のインスタレーションとなりますが、前回とは全く違った“体験型”になると思います。是非、お楽しみに。

大宮エリー Ellie Omiya

                    [撮影:KENTA AMINAKA]
大宮エリー
映画監督・脚本家・作家・演出家・CMプランナー

1975 年、大阪生まれ。広告代理店勤務を経て、2006 年に独立。映画「海でのはなし。」で映画監督デビュー。連続TVドラマ「Room Of King」「the波乗りレストラン」「木下部長とボク」、舞台「GOD DOCTOR」「SINGER5(DVDが好評発売中)では脚本・演出を手がける。

主な著書に、「生きるコント」「生きるコント2」(文藝春秋)、絵本「グミとさちこさん」(絵:荒井良二)、最近では渋谷で1万人、京都、札幌で4千人を動員した個展にて発表をした詩と短歌集「思いを伝えるということ」(文藝春秋)、その個展の写真集でもある解説本「思いを伝えるということ展のすべて」(FOIL出版)が好評発売中。
他、CM、ミュージックビデオ、作詞、雑誌連載コラム等々。

現在、ユーストリームの生配信番組「スナックエリー」(ほぼ毎週水曜22 時~)ではママ(MC)として多彩なゲストを迎え、全国の視聴者と乾杯している。
「スナックエリー」http://www.ustream.tv/channel/snack-ellieリンク

毎週金曜日J-WAVEにて大宮エリーがナビゲートする番組、「TOYOTA FRIDAY DRIVE WITH ELLIE」が放送中。 

Twitterを使用する場合は、こちらの「ツイートする」ボタンをご使用ください。
(ハッシュタグ #PARCOART)

Facebookを使用する場合は、下記「コメントする」より、コメントをお寄せください。

pageTop

渋谷パルコの一時休業に伴い、
PARCO MUSEUM、PARCO GALLERY X、THE GUEST cafe&dinerは
2016年8月7日をもって渋谷での営業を終了しました。

PARCO MUSEUM、THE GUEST cafe&dinerは
2016年9月1日より池袋パルコ本館7Fに移転オープンします。

THE GUEST cafe&dinerの公式webサイトはこちら